大切な方がお亡くなりになり、初めて相続のお手続きをとらなければならない方は、何を、どのように、いつまでにしなければならないのか、とても複雑でご不安を抱えていらっしゃると思います。

そこで、まず初めに大まかな相続のお手続きのスケジュールをご確認頂きます。

期限が定められているものについては、特に注意が必要です。

 

 

*丸数字は、下記解説に対応しています。

 

 


@まず初めに確認しましょう
1. 遺言書が残されていないか
各相続人の相続分は、原則遺言に従ったものとなります。遺言書は、自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類の作成方法があります。作成方法によって、保管先が異なるため、両方の可能性を視野に入れて探してみる必要があります。


【自筆証書遺言】

被相続人が自分で自署したもので、保管も自身で行います。
(保管先)通帳等重要物を保管している金庫や、銀行の貸金庫などを入念に探してみてください。もしかすると、特定の相続人の誰かが保有しているかもしれません。
*自筆証書遺言は、開封に際しては事前に家庭裁判所での検認手続きが必要となり、むやみに開封する事は出来ません。


【公正証書遺言】

公正証書遺言とは、公証役場にて公証人立会の元作成された遺言です。
(保管先)公証役場で保管されています。最寄りの公証役場等に確認をしてみてください。

2. 相続財産はどういったものがあるのか
お亡くなりになった方が、どういった財産を持っていたのか調査をします。プラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も確認します。エンディングノートの記載にも注意を払って確認をしてみてください。

【プラス財産の調査方法】

財産の種類調査方法
不動産(土地・建物)登記簿謄本、固定資産税納税通知書、権利書
預貯金、現金通帳、キャッシュカード、自宅現金、貸金庫等
生命保険金保険証券、保険会社への照会
株式等の有価証券証券会社からの通知及び照会、自宅金庫等
自動車車検証
【マイナス財産の調査方法】
借金請求塩、借用証書、クレジットカード    
保証債務保険契約書、請求書
その他督促状、契約書等

  *本人に固有のもの(資格、免許等)や、年金給付などは相続の対象とはなりません。


3. 相続人は誰なのか

相続の手続きの中でも、煩雑な手間がかかる作業が、相続人の確定です。相続が開始しますと、その相続財産は原則全て相続人に移ります。従って、まずは誰が相続人であるのかを確定する必要があります。それには、被相続人の出生から死亡までの戸籍を入手し、それを元に相続人を確定する作業が必要となります。

まず初めに上記の3点を確認して、ようやく相続手続きの下準備が整います。
では、次に残された財産の承継について説明します。



もし@の2.で調査の結果、借金等のマイナスの財産が、プラスの財産を上回るという事が判明した場合、相続放棄や限定承認を検討する必要があります。相続放棄は、被相続人が亡くなった事を知ってから3か月以内に行わなければなりませんので、急ぐ必要があります。3か月を経過してしまうと、原則放棄をすることはできません。
相続放棄の詳細はこちら

遺言書で具体的な財産の配分が明記されている場合は、原則としてその割合での配分となります。
問題は、遺言書が無い場合です。その場合には、相続人全員による協議を行わなければなりません。

 

遺産分割協議では、

1.誰が  

2.どの財産を  

3.どれくらい  

4.どういった方法で分けるのか

を、話し合います。

 

また、亡くなった方の”全ての”財産について、漏れなく話し合いますが、この時かなりの確率で次の様な財産が漏れる可能性があります。

 

【名義株・名義預金】

  名義株・名義預金とは、例えば亡くなった方が生前に子供様名義で貯金をしていたり、株を持っていた場合などで、実際には亡くなった方ご自身が管理されていた財産などの事を言います。

  相続財産は、誰の名義かではなく、実質の管理者が誰であったかが問題となります。従って、例え名義が子供様であったとしても、その管理者がご本人様であれば、それは相続財産としなければなりません。

相続税の計算の際に、相続人の方が知らなかったため申告から漏れてしまう事があるので注意が必要です。

※実質管理者の判断基準のポイントは、@通帳の保管者は誰かA印鑑の所有者や保管者は誰かB株式購入の原資はどこから出ているかなどとなります。

  また、名義株や名義預金については、万一意図的に明らかにしなかったとしても、税務調査が行われた場合には、亡くなった方や相続人の預金・株・ローン・その他あらゆる書類を調べられることになり、その期間は10年分にさかのぼります

 

【手持ち現金】

  手持ち現金とは、相続開始時点(お亡くなり時点)における、家庭に残っている現金の事です。

多くの場合、相続人の方は、ご本人がお亡くなりになる前に銀行口座から預金を引き出します。(口座名義人が亡くなると銀行口座が凍結してしまう為)

  預金を引き出してしまう事が違法ではありませんが、引き出した財産も相続財産として遺産分割協議の内容となっているかがポイントです。


遺産分割協議は、相続財産の額の多少にかかわらず(特に財産が余り多くないケースで)、相続人間でトラブルに発展する可能性があります。各相続人の様々な思惑が交錯し、より多くの財産をもらいたいと考え、被相続人の生前にどれだけ貢献していたかを激しく主張しあった結果、話し合いではまとまらずに調停や裁判で決着をつけるというケースも決して珍しくありません。トラブルに発展するケースとしては、次のような場合です。


子の一人が親の介護に精神的、金銭的に多大な負担を強いられてきた
相続財産が預金と不動産しかない(分けずらい財産しかない)
生前に多額の援助を受けていた相続人がいる

 

これらのケースの場合には、その後の相続人間の人間関係に大きな亀裂が入ってしまうこともあります。そういった場合は当初から専門家を交えて、冷静に話し合うことが重要です。

協議がまとまりましたら、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書は、金融機関で預金の払い出しを行う際に窓口で提出が求められたり、不動産の名義変更を行う場合には、法務局に提出する必要もありますので、法律で定められた要件をしっかりと満たした文章を作成する必要があります。せっかく協議がまとまっても、要件を満たしていないものであると、必要な手続きが取れなくなりますので注意が必要です。

 

なお、遺産分割協議は原則としてやり直しが認められておりませんので注意が必要です。(民法上では全員一致でやり直し可能となっているものの、税務上では不可能となりますので、やり直しは出来ないと考えておくことをお勧めします。)



各種財産によって、名義変更手続きの方法は異なります。正しい手順を踏んで、トラブルを未然に回避するようにしましょう。
1.不動産  2.預貯金  3.株券  4.保険契約
5.公共料金(電気・ガス・水道)6.住まい(賃貸住宅)
7.自動車  8.電話  



口座名義人が亡くなりますと、預金口座は支払停止となりますので、口座解除の手続きが必要となります。

(必要書類)*詳細は各金融機関にお問い合わせください。
名義書換依頼書(銀行に備え付け)
被相続人及び相続人の戸籍・除籍謄本一式
預金通帳
遺産分割協議書
相続人全員の印鑑証明書



証券口座が凍結となりますので、口座凍結解除のお手続きが必要となります。

(必要書類)*詳しくは各証券会社にお問い合わせ下さい。
株券(預かり書)
被相続人及び相続人の戸籍・除籍謄本一式
相続人全員の印鑑証明書



自動車保険、火災保険、積立保険などの名義変更手続きが必要となります。
詳しくは、各保険会社へお問い合わせ下さい。



電話にて必要書類を取り寄せ、郵送で名義変更手続きを行います。支払いが自動引き落としとなっている場合は、口座変更手続きも必要です。出来る限り早めにお手続きを済ませましょう。
(東京電力)
http://www.tepco.co.jp/e-rates/index-j.html
(東京ガス)
http://home.tokyo-gas.co.jp/userguide/juusho_henkou.html
(東京都水道局)
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/customer/service/center.html



被相続人の名義で賃貸借契約を結んでいた場合には、新たに家主と契約を行います。
一部公営住宅等では、入居者が死亡した場合に、その相続人が入居する権利を当然に引き継ぐものではないケースもありますので、詳しくは自治体にお問い合わせ下さい。



自動車の名義変更手続きは、陸運局で行います。ケースにより多少異なりますので、詳しくは陸運局にお問い合わせ下さい。以下、主なものを明記します。
(必要書類)
被相続人及び相続人の戸籍・除籍謄本一式
相続人の印鑑証明書
車検証
自賠責保険証
保管場所証明書(使用本拠が変わる場合)
陸運局へ車持ち込み(ナンバー変更の場合)
(参考:東京運輸支局管轄区域)
http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/s_tokyo/map_riku.html



電話加入権の名義変更手続きは、NTTに対して行います。必要な届出書をNTTから取り寄せ、戸籍・除籍謄本一式を添えて手続きを行います。支払いが自動引き落としの場合には、口座変更も必要ですので、お忘れなく。
(NTT東日本)
http://web116.jp/shop/meigi1/mei1_02.html



何かとご面倒な相続の手続きは、相続専門のプロにご相談下さい。
他士業とのワンストップサービスで、まとめて解決致します!!

メールでのご来所予約はこちら(24時間受付)