相続放棄とは、その言葉の意味通り、相続権を放棄するというものです。
すなわち、亡くなった方からの遺産を一切受けないという事です。
相続というと、ついプラスの財産ばかりに目が行きがちですが、借金などのマイナスの財産も自動的に引き継ぐことになります。つまり、亡くなった方が生前に借金をしていた場合や連帯保証人になっていた場合などには、被相続人(亡くなった方)に代わって、相続人に対して、借金の返済(債務弁済)を求められることになります。

よくあるご質問としては・・・


1 「借金だけ放棄したい」
これは出来ません。相続放棄とは、マイナスの借金だけでなく、不動産や現金などプラスの財産も含めて一切の権利を放棄することになります。

2 「借金の負担割合を遺産分割で決めたい」
例えば、たくさんの遺産を相続する方が、借金も多く負担するという事を、相続人間で決めたということですが、これもできません。借金については、法律で決められた相続分できっちりと分けられてしまいます。(債権者が同意してくれるなら話は変わってきますが。)
相続放棄をすることで、その相続人は初めから相続人ではなかったという事になります。
つまり、例えば相続人が3人いたとして、そのうちの1人が相続放棄をすると、元々相続人は2人しかいなかった、という事になります。

 



相続放棄の手続きについては、家庭裁判所に相続放棄を申し立てる必要があります。自筆で「相続放棄をします」と書いて印鑑を押しても、誰も認めてはくれません。


相続放棄をするためにはいくつか注意点がありますのでまとめますと、

1. 相続放棄をするためには相続開始(被相続人の死亡)を知った日から3ヶ月以内に被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てをする必要があります。
(3か月以降の相続放棄について)

2.先順位の相続人全員が相続放棄をすると、相続は借金も含め法律で定められた相続の順位に従って、巡り巡って、責任(借金返済の義務)が転嫁されます。
(例えば、第一順位の相続人である子が全員相続放棄をすると、第二順位である親にその借金の返済義務が転嫁します。)

3.相続する財産を選ぶことはできません。「全て相続する」か「全て放棄する」ことしか選ぶことはできません。

4.一度相続放棄をすると、あとで多額のプラスの財産が見つかったとしても、取り消すことはできません。また、相続放棄の申し出は、一回しかできないので、失敗が絶対に許されません。(特に、ご自身でお手続きをなさろうとお考えの方は要注意です。費用を抑えるためにご自身でされるとご判断されても、3か月経過してしまったり、書類に不備があったら放棄は出来ませんし、その後専門家であってもどうしようもありません。)

自分でやって間に合わなかった、間違っていた、は許されません!!



1 お電話での面談予約
借金を相続してしまった可能性のある方は、当事務所までご相談下さい。
(相談料5,000円/30分 →後にご依頼頂いた場合には、報酬に含みます。)
 予約電話番号:03−6457−6142
 *お電話のみのご相談はお受けしておりません。すべての状況を把握した上でのアドバイスをさせて頂く為には、ご面談の上しっかりとお話をお聞きする必要があるからです。

2 来所の上ご面談します。
 詳細な状況をお聞かせください。

3 ご提案
お手続きの流れ、必要費用について御説明
  ↓
相続人の確定、財産の調査を行います。
  ↓
相続放棄申請書の作成、及び、家庭裁判所への相続放棄申請
 相続財産の調査の結果、マイナスの財産が多い事が判明したならば、相続放棄に必要な書類を家庭裁判所に提出します。ここまでを、被相続人が亡くなってから3か月以内に行う必要があります。
  ↓
家庭裁判所より、相続放棄照会書の到着
  ↓
相続放棄申述受理通知の受領
 本通知を受領したら、相続放棄のお手続きは無事終了です。



被相続人が亡くなってから3ヶ月の期限が過ぎてしまうと、原則として相続放棄はできなくなります。
しかし、亡くなって3ヶ月を経過してから突然、サラ金やローン会社から借金の支払い請求が来ることも、決してめずらしいことではありません。
このような場合にまで相続放棄が認められないとすると、それは相続人の方にとっては、あまりにも酷な話です。
3ヶ月を経過しているからといって諦めず、まずはご相談ください。



何かとご面倒な相続放棄のお手続きは、相続放棄専門のプロにご相談下さい。
他士業とのワンストップサービスで、まとめて解決致します!!

メールでのご来所予約はこちら(24時間受付)